×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1. MLM・マルチレベルマーケティング、シナジー・ワールド・ワイドとは 被害を与えないためには 連鎖販売取引ビジネスを紐解く マークパンサー

    シナジーとは

    ネットワークビジネス シナジー・ワールド・ワイドとは
    革新的な連鎖販売取引・MLM  

      

    MLM ネットワークビジネス シナジー


    シナジーワールドワイドは1999年 (グランドオープン2004年)アメリカに設立されたMLM(マルチレベルマーケティング)企業です。シナジーワールドワイドの主な事業は栄養補助食品、美容用品、化粧品の販売および輸入販売促進に関する情報・資料の収集、企画およびコンサルティング業、販売促進に関する指導ならびに講習会、研修会の開催等です。その代表的なものとしてパーソナルケア(スキンケア、ボディケア、ヘアケアなど)製品は高い品質として多くのかたに愛用されています。またシナジーワールドワイドのビジネススタイルはマルチレベルマーケティング・MLMの形態をとっています。

    シナジー社の主な製品は健康栄養補助食品、スキンケア、ボディケア、ヘアケアといったいずれも高品質な商品を提供しています。シナジーワールドワイドの製品は世界一を自負し、こだわり抜いた品質の栄養補助食品とパーソナルケア製品によって、健康で美しいライフスタイルを提供するよう努めています。

    シナジーワールドワイドはMLM業界として中堅企業にあたると言ってよいでしょう。グランドオープンより会員数は順調に伸び続けましたが現在ではその伸びは著しいものではなく落ち着いて推移していると言えるでしょう。商品が良いため継続して使用する会員も存在しその市場は安定期に入っており業界としては老舗企業の一つとして数えられます。またマルチレベルマーケティングの採用により会員になり毎月の消費が2万円弱、そしてそれを維持しながら商品を紹介していくことにより大きな利益を生むことが可能です。シナジーワールドワイドでは取り組むものの努力により健康と経済的な自由を手にいれることが可能なシステムとなっています。

    シナジーワールドワイド 会社概要 関連書籍






    ●シナジーワールドワイド・ジャパン株式会社 (Synergy WorldWide Japan K.K.)

    本社所在地:
    〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート23F
    電話番号:03-3222-8555 (代) ファックス番号:03-3222-8547 (代)
    代表取締役社長 ベン・S・マガレイ

    展開国:日本、アメリカ、カナダ、イギリス、タイ、シンガポール、オーストラリア、台湾、韓国、香港、フィリピン、インドネシア、マレーシア、イスラエル、ドイツ、オーストリア、オランダ (2007年8月現在)

    ●Synergy WorldWide, Inc. (シナジーワールドワイド・アメリカ本社)
    本社所在地: 5152 North Edgewood Dr. Suite 200 , Provo , UT 84604 U.S.A.
    代表者名:代表取締役 ダン・ヒギンソン
    電話番号: 1-801-431-7690 ファックス番号: 03-3222-7575
    設立: 1999年
     

       


    シナジー・ワールド・ワイド ビジネス、ねずみ講(無限連鎖講)とMLM(連鎖販売取引)


    MLMとはマルチレベルマーケティングの略です。一般的にネットワークビジネス、マルチ商法とも呼ばれています。MLMと言う呼び名は日本名、連鎖販売取引のアメリカでの呼び方です。マルチレベルマーケティング(MLM)と言う呼び名はネットワークビジネスの会社もしくはその販売員(ディストリビューター)が特に好んで使っています。マルチレベルマーケティング(MLM)はアメリカが発端のビジネススタイルでありその独特のビジネススタイルから現代の社会では問題になることがよくあります。

    特に無限連鎖販売取引、いわゆるねずみ講と混同されることがあります。しかしねずみ講は言うまでもなく明らかに違法となっています。連鎖販売取引とは取り扱う法律も違う事から別のものであると言えます。このMLM、どのようなビジネススタイルかと言うと簡単に言えば口コミビジネスです。ある商品、サービスを使用し良かったと思う体験を人に伝える事により商品を購入してもらうと言うものです。大抵の場合自己消費がなければビジネスをする権利が得られないため、使った感想を伝えてお勧めします。そのためその会社の商品、サービスが気に入ってなければビジネスをしても結果は出ないでしょう。ここが一般の営業的な仕事と大きく異なる点です。登録料等を払えば誰でも会員になることができますがビジネス的に結果を残すためには商品に対する知識、体験等が大きくものを言います。  

    連鎖販売取引は日本では「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第33条で定義されています。特定商取引法などに記された厳格な法律を遵守した活動をした場合に違法にならず活動ができると言う事になります。この内容を知らずにビジネスを活動をし結果的に違法活動をしているケースが多く問題になります。このことは業界団体である日本訪問販売協会の連鎖販売取引の自主行動基準にも明記されています。詳しくMLMとの違いですが大きな違いは商品やサービスが介在するかしないかと言う事です。金銭のやり取りだけで組織を作っていくものをねずみ講と言います。

    例えばAさんがBさんから20万円を受け取り今度はBさんがCさんから20万円を受け取りと言ったように無限金銭のやり取りだけが広がっていくものを言います。一番最下層の人間はお金だけを払うと言った現象が常におき続ける事になります。しかしこの法律の隙間を抜けて価値のない商品をあたかも高額であるかのように装い、商品を介在をさせ会員を増やしていく手法もあります。これは法律上は違法ではないためおおっぴらに行われていますが、ビジネス的には長く続かない事も多く問題のあるケースがほとんどです。しっかりとビジネスを取り組むのであればその見極めが重要になってきます。

    シナジーワールドワイドでの成功


    現在日本にはシナジーワールドワイドを含め数千社のMLM・ネットワークマーケティング企業があると言われています。その取り扱う商品も以前よりある化粧品や健康食品からサービス、投資にいたるまで多岐に渡っています。そのシステムも複雑化しておりブレークアウェイやバイナリー、ユニレベルやハイブリッドなど一般的なものから更に発展させたものまで日々進化工夫がなされています。

    しかしシナジーワールドワイドのように何年も残っていく企業はわずかであり大抵は気づいたら会社がなくなっていたと言うケースもあとをたちません。雑誌やインターネットのWebサイトでMLMランキングと称しMLM企業の紹介をしているものも見受けられますが、会社、企業もしくはディストリビューターが意図的に書いているものもありあまり参考にはならないでしょう。

    MLMの利点はなんと言っても一般のビジネスと比べ全てが合理的だと言う店です。従業員なし、店舗オフィスを構える必要なし、配達、集金、在庫管理なしのダイレクトセリング、多額の資本金・保証金なし。金持ち父さん、貧乏父さんの著者、ロバート・キヨサキ氏もその著書の中で薦めています。法律を尊守しその偏見に打ち勝ちこのパワーある画期的なビジネスを活用する事ができれば経済的に自立し、よき仲間にめぐりあい"人生の成功"を手に入れる事も可能でしょう。シナジーワールドワイドはその成功の手助けをする手段となりうるのです。

    Copyright (C) 2008 シナジー・ワールド・ワイド とは All Rights Reserved. プライバシーポリシー
    ドクターモルツ | 成功するための思考法